PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライトが軽くて右に傾く

ライトなライトがライト気味。

主脚のライトが上手く接着できません。
本体の幅よりステー部の幅が広すぎて、
接着剤の点付けしてもちょっと触っただけでポロっと取れちゃいます。
DSC00048.jpg
対策として、接合部のピンを真鍮線にして貫通させる案も考えましたが、
水平に4つの穴を開ける難易度が高そうなので、
ステー部はそのままで受けに真鍮パイプを使うことにしました。

まず本体にピンバイスで真鍮パイプを通す穴を開けます。
DSC00049[1]

そして、ステーに合わせて真鍮パイプを切り出します。
DSC00051[1]
DSC00050[1]
400番の紙ヤスリで簡単に長さ微調整できますので、ちょっと長めにしておきます。
ナイフでゆがんでしまった切り口も綺麗にできるので一石二鳥です。

ピッタリはまるサイズにできたら、本体側に通して接着します。
DSC00053[1]
DSC00055.jpg
この後、ガラス部分の接着も兼ねて、セメダイン スーパーXGをたっぷり流し込んで固定。
DSC00054[1]
チラっと見える金属色がイカス。(機体に貼ったら全く見えませんが。)

セミインテグラルフュエルタンクも銀ブラシでお化粧しました。
DSC00047[1]

ボディの方は、こっそり作業を進めてます。
デカール貼りとか台座への固定方法とかを検討中です。


関連記事
スポンサーサイト

| FLEDERMAUS(1/20 NITTO) | 01:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/54-7cda35df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。