PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蝶番工作

デロリアンのガルウイングドア機構を考慮した屋根上装甲を開発します。
DSC04841[1]
1mm真鍮線と1.3mm真鍮パイプの組み合わせでヒンジを作成。
装甲板はフレダマに使わなかったエアインテークの内部整流版です。
コイツも、先端のカミソリみたいなシャープさがイカス!
DSC04842[1]
今回は可動する機構でなんちゃって説得力を出そうと言うのが目的。
実際にフル可動にするわけではないので、アルミテープを使ってみました。
DSC04843[1]
同じ幅に切りそろえたものでクルッと巻いてパーツに貼るだけ。
お手軽でしょ。
DSC04844[1]
左右を合わせて軸を通せば出来上がりです。
DSC04845[1]
こんな感じで動かすことができます。
力のかからないところであればこのまま使えなくもなさそうです。
DSC04846[1]
そして、お約束の楽しいリベット打ち。

心棒の先端を攻撃的にするために尖らせてみようと思いつきました。
DSC04848[1]
ドリルに取り付けて、120番でペーパーがけ。
DSC04850[1]
ウホッ!いいパイルバンカー。

DSC04853[1]
初めてMr.メタルプライマーを使ってみました。
さすがに食い付きます。
ちょっと引っ掻いてもハゲません。
DSC04854[1]
ピンバイスで穴を開け、真鍮線を差し込んで接着しました。
DSC04855[1]
なかなかイイとんがり具合だ。
触れたら怪我するぜ。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

| デロリアンJr. PARTIII(1/43 アオシマ) | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/41-7f45dee4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。