PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

え?LATUMOFIS持ってないの?

しばらく前に実家で親父から大量のDVDを借りてきたのでぼちぼち観ています。
『太平洋作戦』は、ちょっと消化不良な感じ。ジョン・ウェインはかっこいいんですけどね。
なんというか良くも悪くも楽天的アメリカ映画でした。
次に観たのは『砂漠の鼠』。
DSC04810[1]

心からこの言葉を送りたい。
「いやあ、映画って本当にいいもんですね……。」

オーストラリア軍に赴任する英軍指揮官の戦いを追うことでトブルク攻防戦を映像化しているのですが、砂漠の戦闘の過酷さや歩兵視線で見た戦車の恐ろしさが非常にリアルに伝わってきます。
多少英軍側びいきでロンメル軍団はあくまで悪役として描かれてしまっていますけれど。

さて、フレダマですが、別に置いといてすっかり忘れてた燃料タンクを塗りました。
HJ'82/7号によれば「セミインテグラルフュエルタンク」と書いてありますので、一部を機体の構造材として利用するものみたいです。
単純に取り外し容易で交換可能なボンベ?かと思ってました。

ちなみに、調べてみたら「ボンベ(Bombe)」ってドイツ語本来の意味だと単純に「爆弾」のことだとか。
「ガス・ボンベ」とか普通に使っている言葉ですけど、確かに「ガス・ボム」(GAS BOMB)って言うと非常に危険な感じですよね。
低レベルシーフが罠解除に失敗するとパーティ全滅の恐れがあります。

というわけで、少しだけグレーを混ぜたオリーブグリーンを薄めに、最初は筒に対して水平方向で。
DSC04805[1]

その後、乾燥してから垂直方向に重ね塗り。
DSC04813[1]

思ったよりそのまんまな色になっちゃいました。もう少し暗めなほうが良かったかな?
ウォッシングしてみてどうかというところでしょうか。(こればっかし)

関連記事
スポンサーサイト

| FLEDERMAUS(1/20 NITTO) | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/34-ff2d801f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。