PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人形改造コンテスト遊び

1/76ジオラマのお供として、BMW R75を製作。
フジミ 1/76 スペシャルワールドアーマーシリーズ
Sd.Kfz.250に付属のサイドカーです。
185822080[1]
とにかく、バリが凄い(笑)。合いもかなり悪いです。
そして兵隊さんは……
DSC01340[1]
改造決定です。

ただ、組み上げてみればこの小サイズにしてなかなかいい感じです。
エンジンのフィンとかもちゃんとモールドされてるんですよ!
186409763[1]


ということで、難物のフィギュアをいじります。
DSC01341[1]
頭,両手,両足バラバラにしてから一番しっくりくる組み合わせ・角度で接着します。

作ろうとしているシーンは、一人がサイドカーを降りて無人兵器たちと会話をしていて、
その間ライダーがサイドカーに乗り込んで休みながらその話に耳を傾けているというものです。

なので、ちょっとリラックスした風を目指しています。
DSC01343[1]
ゴーグルとマフラーをエポパテで作りました。
DSC01344[1]
サイドカーの船の先も、ちょっと形が悪かったのでなだらかに修正しています。
DSC01353[1]
座りがいまいちだったので、シートの下にもエポパテを詰めて収まりを良くしました。
DSC01350[1]
あと、何度もやり直して入れたブーツソールのモールド。
出来上がったらほとんど気付かないような箇所ですけど。
自己満足度MAX!(笑)

そして、もう一人のキャストを作るために素材調達。
DSC01324[1]
箱絵がサイコー!
でも中身に期待してはいけないガスマスク部隊。

蛙目 (frog_eye)さんから、トリガランとの物々交換で探してもらった105ミリ対空砲。
DSC01326[1]

ここから全員かき集めると、こんな感じ。
DSC01329[1]
こんだけあるのに、関節の長さがヘンだったりなんかで微妙に違和感が。
ほとんどのパーツがそのままでは厳しい……
やっぱり人間って難しいんですね。

というわけで、今度こそ本当にフランケンシュタインの実験になります。
よく模型誌の記事でパーツごとに山ほど人体を保存していて切り刻んで使うっていのが載ってますが、
確かに自分でやってみて初めてその大変さと面白さが分かりました(笑)。

で、頭はこのいかにもなオッサン顔のこの人に決定。
DSC01331[1]
各部をとっかえひっかえしながら、一番人っぽくなるように選別。
DSC01332[1]

実際に組んでみたら、右手がちょっとだけヘンだったので交換。
で、こんな感じに出来ました。
DSC01333[1]
直立ポーズだと、意外とちゃんと自立できるもんですね。
人体って良く出来てるな(笑)。

そして、冬用コートをエポパテでかぶせてあげます。
DSC01336[1]
右手も手袋を一回り大きくして表情をつけました。
DSC01337[1]
正直、こんなの最初からエポパテで作っちゃったほうが早いんじゃないの?!
と思わなくもないのですが、そこをあえてフジミのパーツだけで頑張る!ってところが意地の美学(笑)。


ガイアのドゥンケルグラウを下地にしてから塗装に入ります。
DSC01359[1]

あと、オマケアイテムの双眼鏡。
DSC01372[1]
これも細かく良くできていますよねー。1パーツですよ。
写真では写せていませんが、ピントを変える部分もちゃんとモールドされてます。
紐は、リード線の中身から0.1mmの線材を切り出して瞬着でつけました。

そして、塗りあがったら完成~!
DSC01563[1]
こんだけアップにしちゃうとやっぱりちょっと厳しい気もしますが、
頑張って塗り分けしました。
基本的に全部ラッカー筆塗りです。
銀色だけはガンダムマーカーのメッキシルバー。
DSC01569[1]
出来上がってみれば、作り始めの不安も吹っ飛びとてもお気に入りの小品となりました。


関連記事
スポンサーサイト

| ジオラマ「会話」(1/76 関東展示会6) | 02:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いい味が

出てて、好きだわこの作品。ナッツやオスカルとの組み合わせも素敵!

| タク | 2010/12/30 20:21 | URL |

>タクさん
ありがとうございます!

まるっきりオリジナルで人のフィギュアを作るのはとても難しいですが、
素材を組み合わせていけば楽しみながら出来るんですよね。
考えてみたらマシーネン的な要素の遊び方でもあるような(笑)。

無人機だけでもそこに擬人化された物語は見えてくると思うのですが、
人と向き合っていると逆に人じゃないということが浮き彫りになるのが
面白いです。

| ephemeris | 2011/01/01 10:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/201-2a2ed8b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。