PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ショキショキ

夏も過ぎて、バーベキューも一段落した頃でしょうか。
東北では、これからの時期にかけて「芋煮会」が盛んに開催されます。
我が家も来週末にやりに行きます。

で、バーベキューでも芋煮でも、やっぱり川原でやるのが最高ですよね。

そして、ひとしきり盛り上がって後片付けをしているときに、
ふと川の方から

「ショキショキ……ショキショキ……」

と、小豆をとぐ音が聞こえてくる事がありますよね。

それが、妖怪 小豆洗いです。

DSC_3237[1]

DSC_3239[1]

DSC_3240[1]

NITTO製の方が茶箱でもっと味わいがあるんですが。
DSC01277[1][1]
それにしても、水木先生の描く妖怪はいいなあ。心が洗われます。

DSC00875[1]
パーツ構成なんて簡単なもので、頭・胴体・尻・手足ってところです。
今時のプラモのようにはいきませんが、
ちょっとくらいの隙間はパテ埋めして丁寧に合わせ目消せば
組む事自体は全然問題ありません。

塗装は、パッケージイラストとは配色違いますが、
完成見本写真が素晴らしく良い色味だったのでそれに倣いました。
DSC_2894[1]
右端のはSeireiKさんに頂いたガチャ。
検索すると良く出てくるブサイクなほうのイラストには忠実に立体化されてるのですが。
やっぱりプラモの方がカッコイイですねー。(もらっておいてすみませんっ。)

色んなグレーを試しながら、いったん暗くしすぎたので
また上から明度上げたグレーを重ねたり。
DSC01033[1]
今回はかなり行きつ戻りつの試行錯誤でした。

あと、特筆すべきはこのザルの木の質感!!
DSC01068[1]
エナメルのブラウンでスミイレしただけですよ。
こんなモールドどうやって彫刻したんでしょうね?!

白目の部分は、緑がかったうすーい黄色をベースに、
またしても大活躍の宗谷オレンジを塗りました。
DSC01070[1]
面相筆で細かい線を何本も繰り返し重ねていきました。

あと、最後にこのシリーズの大きな売りであるマルチマテリアルを。
DSC_3241[1]
この小豆、キットに本物の小豆が入ってるんですよ!(笑)
色もあせずにカビも生えなくてよく無事でいたものです。
こんな型破りな冒険心も、当時の勢いを感じる事ができて嬉しくなります。

妖怪ストックもまだあるので、そのうちまた造っていこうと思います。

スポンサーサイト

| 小豆洗い(1/物の怪 童友社) | 02:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジョリジョリ。

妖怪がまた増えてますね。芋煮会レポお願いしますね。

| やな | 2010/09/23 02:46 | URL | ≫ EDIT

ニットーの造形も素晴らしいですが・・・イフェさんの塗装も冴えてますねん♪

| ザクシールド21雪風 | 2010/09/23 09:57 | URL |

>やなさん
これからも増殖する予定です(笑)。
芋煮会は、模型は全然関係ないプライベートなのでレポは期待しないで下さい。すみません。

| ephemeris | 2010/09/25 00:09 | URL |

>ザクシーさん
塗装の感想嬉しいです。生で観てもらってましたしね。
素晴らしすぎる作例写真があったおかげで、完成イメージが明確になって
モチベーションが維持できました。

でも反面、塗装は今回かなり苦戦しました。
青みのある灰色を目指したんですけど、
色んなグレーに青混ぜたり白混ぜたり黒混ぜたりして
最終的にはどうやってこの色になったのかさっぱり解りませんでした(笑)。

これからも暗黒妖怪モデラーとして精進します!

| ephemeris | 2010/09/25 00:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/192-dff44eb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。