PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いったい何を目指してどこへ行くのか?

模型に限った話ではないんですけど、
細かいところに没頭しすぎてやりすぎちゃうことが多いです。
本当は全体のバランス考えて作業しないと。

でも、今は「超絶完成度のスペシャルな一作を仕上げたい」というわけじゃなくて、
やりたいことをやりたい部分にやりたいだけやちゃいなYO!
というノリなのでとことん突っ走りますよ!

つーわけで、トリガラタン塗りました。
DSC01234[1]
いつものごとくラッカーで、ジャーマングレー下地にブライトレッドを重ねています。
ちょっと濃い目の塗料タップリのせで光沢が出る感じに。

前回よりちょっと厚ぼったくなっちゃった。
DSC01235[1]
裏の削りカス取り忘れw

ここまでする必要あるんだっけ?とか言っちゃらめぇ。
DSC01236[1]
キバは100円ショップで買ってきた縫い針です。
DSC01237[1]
0.6mmのドリルで穴を開けて、クリアボンドで接着しました。
DSC01238[1]
気をつけないと、本当に刺さります(笑)。
この後、先端を曲げて牙っぽくしてみます。

そして、これでパーツが揃ったので本体を接着しちゃいます!
DSC01239[1]
うぉ、なんかシュールな図柄!!(笑)

関連記事
スポンサーサイト

| ゲゲボ魔獣トリガラン(1/1 バンダイ) | 21:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

質感最高

トリガラタンのきもち悪い質感はすばらしいですねー!
ジャーマングレイの下地ですか、
勉強になりました!

| 宮崎 | 2010/08/25 20:34 | URL |

>宮崎さん
ありがとうございます!

ジャーマングレイって言っても、
ガイアカラーのドゥンケルグラウを明度上げずにそのまま使っていますので
ほとんど黒に近い色です。

本当は舌って基本的に綺麗な薄いピンクなものなので、
こんなに舌の赤い生物はいないと思うのですが。
内蔵っぽくというか血の色っぽくイメージ優先で塗っちゃいました。

血のようなドス黒い赤を上手に作れたとしても、
それだけをベタっと塗っちゃうと奥行きは感じないんですよね。

やっぱり凹みや上塗りの薄い箇所からチラっと見える黒っぽさが生ものっぽい感じ……
マグロの血合いみたいな生理的なキモさをかもし出せたのではないでしょうか?(笑)

| ephemeris | 2010/08/25 21:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/190-b03150f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。