PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足すもの引くもの省くもの。

至高のゼロ、コックピットの続きです。

本格的な戦闘機を作るのが初めてだったので、
塗って組んでまた塗ってと大変なのかなーと思ってましたが、
意外と組み立ても塗りもサクサク進んで楽しいです。
おおらかに作ってるからでしょうね(笑)。

ただ細かすぎるパーツはなくさないかヒヤヒヤでしたが。
DSC00958[1]
日本軍機内色を持ってなかったので、手持ちのMr.カラーを使って適当に調色しちゃいました。
ただ、青竹色はとっても難しそうなので今度買ってこよう。
ウォッシングは最近ハマッている油彩です。
臭わずサラッと塗れてとっても便利です!

エンジンは、組み立てガイドに従ってMr.メタルカラーで。
DSC00959[1]
右が磨き前。左が磨き後。細かいので、ハブラシで磨いてみました。
キラっと感が嬉しいですね。

そして、ボディとコックピットを仮組み!
DSC00960[1]
おおー!
なんかカッコイイ!!(笑)

手持ちのファインモールド 1/72メッサーシュミットBf109から
ちょいとパイロットを借用してみました。
DSC00961[1]
シートに座れるように調整が必要ですけど、
やっぱり人が乗ってると実感でていいなー!

ちなみに、私は今回考証はまったくする気ないんですけど、
プラモの作り方の参考やモチベーションUPにはすごく雑誌が役立ってます。
DSC00963[1]
いつかゼロ作る時用にと大事にしまってあった参考書達。
スケビ3号での、高荷画伯に自分の作った零戦見てもらうセンセのミーハーっぷりがとってもおちゃめです。

SeireiKさんが悩んでた「自動混合比制御装置」の下の謎のパーツも、
至高のゼロでは潔く「自動混合比制御装置」ごと省略されてました。

ただ、高荷画伯の本邦初公開コックピット画にはちゃんと描かれていました。
角度具合もイイ再現度ですぞ。
タミヤさん、なかなかやりますのう(笑)。
DSC00965[1]


ワクワクするので早くボディ貼り合せちゃいたいなーと思ったら、
まだサイドのコンソール用のデカールがあるんだった。
焦りは禁物ですぞ(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

| 至高のゼロ(1/72 finemolds) | 00:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

情報どうもありがとうございます~。「自動混合比制御装置」の謎パーツ、本屋さんで立ち読みした零戦のCG画集みたいなものには載ってたんで「あぁ、あることはあるんだやっぱり」と一応納得はしたんですけど、実機写真では見たことがないんですよね。潔くオミットした方が気分すっきりするかなぁと悩んじゃいます。画伯の絵からすると「自動混合比制御装置」の下にくっついてるモノというより、たまたま下にあるというだけで機能的には全く関係ない別部品という気もしますね。

とにかく、完成楽しみにしておりまする~。
(あ、操縦桿の先が実際に黒く塗られている写真もありましたよ!)

| SeireiK | 2010/06/04 21:30 | URL | ≫ EDIT

あー、やっぱりあんまりお役に立てずすみません。
まあ、悩むのも楽しみの一つということで。

操縦桿の件、ありがとうございました。
そこだけは「実機にもあるから!」ってえばれることにします(笑)。

| ephemeris | 2010/06/06 01:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/174-46144d27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。