PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪出身の無口な性格。

というわけで、さっそく「しろぼうず」に取り掛かります。
DSC00885[1]
大阪から連れ帰ってきたこの妖怪、まさに大阪出身!
現在の大阪南部和泉地方に出たといわれているようです。
DSC00884[1]
パーツは全部で6個(いろはにほへ)。定価300円。
たぬきが化けたと言われているようで、その本体のたぬきも付いてます。
DSC00886[1]
1パーツでここまで出来てるって結構すごくない?
で、説明書には「風船の中にたぬきを入れてもおもしろい!」と書いてあります。
せっかく接着用のダボも付いてるのでそのようにしてみましょう。
閉じたら全く見えないけど。
DSC00888[1]
一瞬で組み立てが終わり、
お決まりのジャーマングレーで影塗りをしておきます。
DSC00890[1]
いやー、超イイ感じだ。
愛らしいフォルムだけど、よく考えるとちょっと怖い。
まさにこれぞ妖怪。さすがは水木先生だ(笑)。
DSC00878[1]
で、色々平行して進めてます。
小豆洗いも組みましたよ。
で、ジャーマングレー大行進が進行中でございます。

関連記事
スポンサーサイト

| しろぼうず(1/20 NITTO) | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/170-1979ae27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。