PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サイズダウン

またまた初挑戦の、「幅詰め」にチャレンジしてみます。
よくHow Toに旧キット製作の定番基礎工作と書いてあるのは知ってましたが、実際にやってみると意外と難しいもんですね。
パーツに対して斜めに走った段モールド部分を考えずに切っちゃったのでちょっとズレちゃいました。

ただ、ジャンクモデリングだと仕上がり手本がないだけに好き勝手いろんなことを試せるので、楽しいし色々勉強になります。
失敗しちゃって、どうやって誤魔化すか考えるのも面白いもんです。
デスレースコンペ、侮りがたしですよ。
DSC03854[1]
箱型パーツが欲しかったので、デフォルメA.F.S.を作ったときの残りのアトミックチェイサーの腕を使用。
一回り小さくなるよう、十字に幅を詰めてみました。
DSC03856[1]
Mr.セメントSでガッチリ接着したので、強度も問題ないようです。
DSC03858[1]
使用したのはタミヤカッターのこ。あと、強烈な切れ味の平ヤスリ。
メーカー不明ですが、ホームセンターで買ったもので確か金属用。
通常の製作では大胆に削れすぎて使いどころが難しいのですが、幅詰めにはもってこいでした。

幅詰め、覚えてみると楽しいかも。

関連記事
スポンサーサイト

| ダンガンレーサー DR-21 ミラージュアロー(1/32 タミヤ) | 02:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kimamamaschinen.blog27.fc2.com/tb.php/104-4a858916

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。