2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子供のおもちゃ

最近、木工にはまっておりました。

ちょっと前に、デパートの雑貨屋さんで嫁の買い物待ちをしていまして。
その時に娘がずーっとハマって遊んでいた木の玩具がありました。
4回ほど折り返しの坂があって、そこを車がカタンカタンと下りていくアレです。

あまりに熱心に遊んでいるので、
よし、これくらいならとーちゃんがつくっちゃるけん!

と思い立ってホームセンターに材料を調達に行ったわけです。

今回のテーマは、『教科書なし』。
最近流行のうろ覚えお絵かきみたいなモンです。
いや、お手本を見ながらそっくりキッチリ作るのは結構スキルが要りそうですし(笑)。

そして、不精な私は図面とかも引きません。
現物あわせ上等!(でも、さすがに定規は使います。)

2m近い桧の板材を複数幅で何本か買い込み、
備え付けの工作室を借りて切り出していきます。

素晴らしいのは電動カッター!
何の苦も無くまっすぐ垂直に切り出していけます。
複数本重ねてピッタリの長さにも合わせられますし。
DSC01688[1]
エレクトリックパワー、最高です!

244797144[1]
こっちはその電動カッターでタイヤを大量生産しているところ。
色んな厚さを試しています。
ただ、こういう細かい作業はちょっと苦手なのかもしれません。

そして、まずはスロープ部分の製作から。
ダボを作ってガッチリ接着していきます。
DSC01681[1]
同じ場所に穴を空けるのに簡単な冶具を使いました。
でもやっぱりちょっとはズレちゃうんですよね。

そして、このときはなんとなくプラモ製作の延長で
なんの疑問も持たず真鍮線を使ってしまいました(笑)。
この後は3mmの丸棒を買ってきて使用しています。

穴を開け終わったら合体。
DSC01680[1]

やっぱりコレじゃなくちゃ!の木工用ボンドで接着します。
DSC01682[1]
このときはまあいいかな、と思ってハタガネに当て板をしなかったのですが、
意外とクッキリ跡がついてしまったので、以降はちゃんと当て板つけてやりました。
基本は大事ね。

あとは柱の製作です。
DSC01690[1]
穴の位置が正確じゃなく一箇所一箇所微妙にずれちゃってるので、
空けた位置同士が分かるようにマーキングしています。
最初は底面部分だけ桐材を使ってみたのですが、
柔らかすぎてダボの効きが甘かったので、この後やっぱり桧に変更しています。

そして、スロープの角度を調整しながらマスキングテープで仮組み。
DSC01691[1]
意外と角度が重要で、
浅すぎると進まないし深すぎると車体が突き刺さって停まっちゃいます。
組んではテスト走行、またバラして調整を繰り返して
なんとかいい感じのポジションを見つけました。

車体は、ちょうど端材で出てた黒檀を使ってみました。
DSC01683[1]
しかしこれがまた硬いのなんの。
手持ちのヤスリでは論外で、ペーパーの#100ですら埒が明かないので
これまた工作室を借りに行って電動グラインダーでガリガリ削ってきました。
DSC01684[1]
写真はファーストVerなのですが、車軸が細すぎて(1.8mmくらいの竹ヒゴ)不安定だったので
この後やっぱり3mmの丸棒で作り直しています。

そして、全てのパーツを接着したら完成!
DSC_3768[1]
一応、全部の角はペーパーでR面取りにしています。

車は、こんな感じで収納しておきます。
DSC_3769[1]

左が2号機、右が1号機です。
DSC_3770[1]
1号機は車体をちょっと長めにしたマシンです。
でもタイヤよりノーズもテールも長く出てしまっていて、
そこで引っかかって停まっちゃうことが多いです。
これはまた後で改良してあげようと思います。
3号機、4号機を作ってもいいんですけど。

最後に、せっかくなのでカタンカタンを動画でご紹介。


ちなみに、答え合わせとして製品を調べてみたら、
ドイツのベック社製の『トレインカースロープ』という玩具でした。
さすがに本家は凄くよく考え抜かれているなあと感動。(当たり前だw)

作っていてとても苦労させられた箇所が、もの凄くスマートな形で解決してある。
突き当たりの処理とか、スロープに強度を持たせつつ固定する方法とか。

でもいい勉強になりました。

娘も今のところ喜んで遊んでくれているので良かった良かった。


でも、3日で飽きたりしてね(笑)。

スポンサーサイト

| カースロープ(木工) | 07:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビビビのビ

完成からだいぶ間が開きましたが、ようやく日光撮影ができました。
DSC_3711[1]
NITTOのねずみ男です。
DSC01685[1]

このキットは、水木しげる妖怪プラモシリーズの中でもダントツの出来ではないでしょうか。
指先の表情や体のひねり、布のシワまでなんとも水木っぽい(笑)。

そして、着衣と脱衣のどちらかを選択する2in1方式!

でも、足らない部分が顔前面と足だけだったので、
おゆまる+木部用パテで複製して両方作ってしまいました。
DSC01553[1]

あと、左腕がちょっとアンバランスな感じだったので、
延長するついでにポーズ変えしてみました。
DSC01555[1]
頭をボリボリ掻いてるイメージだったのですが、
怪しいグラビアポーズみたいになっちゃいましたけど(笑)。

そして、このキットを語る上で外せないのが……
そうです。

「珍宝」です。

DSC_3695[1]
えーと、勘違いしないでくださいね。
私が勝手にそう呼んでるわけじゃあないんですよ。
キットの正式なパーツ名なんですから。
DSC01686[1]

DSC01687[1]
そして取り付け方法にもう一中夜(一昼夜?)悩んだ結果、
せっかくなのでネオジウム磁石で着脱式にしてみました。

これで安心です。


製作途中画像はfgの方にもUPしました。(要アカウント登録)
http://www.fg-site.net/products/110186

妖怪ブームは静かに去っていった感がありますが、
個人的にはまたひっそりと続けて行きたいと思っています。


| ビビビのねずみ男(1/物の怪 NITTO) | 00:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

灰色の人生

グレーが好き。

なんとなく、塗りやすい色味という認識があります。
ムラが出来てもカバーしやすい色で、むしろムラがあってもカッコイイという。

最近良く使っているのは、
Mr.カラーのRLM75グレーバイオレット(37番)とライトエアクラフトグレー(332番)の二つ。
DSC01679[1]

単独でもいいし、混ぜてもいい感じ。
でも、良く見たら独軍と英空軍を一緒にしちゃってるのね(笑)。
DSC01678[1]
しかもそれを自衛隊機の機内色として塗る暴挙。
説明書では、明るい灰色となってました。

酔っ払って細かいことを気にせずに勢いづいて塗ると、
はみ出しが多くなるけど大胆になる分いい感じにムラができて面白いです。

| V-107-II バートル(1/100 タミヤ) | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。