2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

情熱の行き着く先は

もう先週になりますが、Ma.K.Tamagawa Meeting #1に参加してきました。

私は前日から東京入りして秋葉呑みしてたんですが、
泊めてもらった友達の近所の〆ラーメンをtwitterでつぶやいたら
なんとトキハマジロー先生のご近所だっつー話で、
これまた嬉しい偶然で当日は一緒に会場入りさせていただきました。
高度IT化社会って素晴らしいなあ(笑)。

そして、会場にはそうそうたるメンバーの素晴らしい作品がこれでもかと大集結。
最終的には70作品になっていました。
DSC01001[1]
DSC01002[1]
写真はほとんどまともに撮れてませんでした。
ただ、特にお気に入りの作品をちょっとだけご紹介させていただきます。
DSC00988[1]
白倉さんの素晴らしいフィギュアたち。
すごく自然に手が入っているのでさらっと見逃しがちですが、
相当高度なカスタマイズがされているんですね。
DSC01014[1]
特にこの工具ベルトとか時計とかブーツカバーなんてたまらんでしょ?
DSC00995[1]
続いてはuzazoさんのスネークアイ。
本体もしっかりと殻割りしてあっていい感じなんですが、
なんといってもおねえさんのオリジナルのインナースーツがとてもセンスがあってオシャレ。
DSC00996[1]
あまさんのSG BASE。
これはもう、作り上げたこと自体に拍手!
イエサブ35をいじったことある人には、この殻割りがどんだけ大変かわかるはず。
それも、超音波じゃない普通のカッターでって!
そしてかわええお姉さんにも惜しみない拍手を!(笑)
DSC00993[1]
カトーさんのグラジ。
やっぱり1/20の存在感は凄いです。
改めて非人型メカのかっこよさを再確認させていただきました。
DSC01017[1]
タクさんのスネークアイ。
かなり大胆なタッチなんですけど、直接目で見たときの感じがすっごく味があるんですよね。
そしてツヤ具合が最高でした。
DSC01015[1]
頬の紅の差し具合が本当に色っぽくてかっこよかったんですが……。
写真じゃ全然魅力が写せていないー(涙)。すみません。
DSC00999[1]
最後に、nobuおじさんのAFOON。
その昔某所の画像板でお見かけして以来、一度直に観てみたいと思っていたのがかないました。
オリジナルのアレンジを生み出すアイデアと形にする腕が合わさって素晴らしい模型が出来上がる!
また、実物のシャープさは想像以上でした。
足元へかけて次第にハードになっていくチッピングや汚しが凄くかっこよかったです。
私個人的には今回の一等賞でした!


そしてお昼を食べに行きがてら、イシハラi-boxさんへちょっと寄り道。
「先にメシ食いにいこーよー」とか
「実は先月も覗いたから買うものなんかないしさー」とかちょっとぶーたれてたんですが、
なぜか店を出るときにはプラモの箱を持っていましたよ。
だって、ビビっときちゃったんだもん!
コレ。
DSC01018[1]

なんかすごくない?
他のみんなも、トキハマさんは
「買い逃して見かけなくなっちゃったんだよなー」って言ってたシンマツナガ機をあっさり見つけて即買いしてたし、
OVER-Qさんは私の妖怪洗脳にやられてこなきじじいを買わされてましたし(笑)。
さっすがイシハラ!

その後、天丼屋さんに行こうとしたのですが一杯で、
居酒屋ワンコインランチに変更してこれが結構アタリでした。
テーブルも広々使えて模型出したりできましたし。
無突師匠とも今回初めてじっくりお話できたので嬉しかったです。

そして、また会場に戻ってワイワイやっていると、
サプライズゲストで横山センセがやってきました!
なんでもサッカーやって終わったそのまま直行してきたそうで(笑)。
見習わなきゃイカンですな。

で急遽サイン会も開催してくれまして、私もちゃっかり頂きました。
DSC01020[1]
って書いてくださった後、「やっぱりワシ絵が上手くなったなあ!」
っておっしゃってたのが印象的でした。
で、「ウチにもプテラノドンがおるよ。」ってのは……
DSC01024[1]
たぶん、これだ(笑)。

そして、会場を移動しての打ち上げ。
結婚式の二次会かよっ!って程のすごく立派な宴会場でびっくり。
DSC01004(1).jpg
飲み放題もプレミアムモルツで大満足!料金一人3000円で足りてたのかな?
そのうえ、模型展示コーナーまで作ってもらいました。
DSC01008[1]
OVER-Qさん&とまさんと夢のフワフワカウツ祭り開催!
DSC01009(1)[1]
トキハマ先生のはやぶささん。タイミング的にも最高のチョイス。
偏光塗料がとても神秘的でした。

イエサブ溝の口店さん提供の、恒例のジャンケン大会もありーの
いろんなマル秘エピソードも聞けたりとっても楽しいイベントでした。
主催のyosamaさんをはじめスタッフの皆様、そして参加者の皆様のおかげで幸せを頂いてます。

今回初めてお話させていただいた方もありがとうございました!
JJさんとは作品直に見ながら解説いただけましたし、
S.Rodさんにはかっこいい名刺もらっちゃいました。
なかなか全員と話すのは難しいですけど、
これからも少しずつお友達を増やせていけたらなって思っています。

皆さんからのやる気をもらって、もっともっと模型作るぞ!(笑)

スポンサーサイト

| あれこれ | 23:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙の砂に想いを寄せて

いよいよ、明日はやぶささんが帰郷します。
うう、この文字を打つだけでなんだかじわっと泣けてくるよ。

というわけで、ちょっぴりセンチな思いで月面をつくってみます。

とは言ってもあんまり凝ったことはしてなくて、
ありもの素材を使います。
DSC00974[1]
とりあえず塗っただけ~。
下地を暗く塗ってからにすればよかったー。うす塗りの箇所が透けちゃってます。

使用したのは、ターナーのジオラマ用絵の具 水性グレインペイントです。
DSC00978[1]
結構流動性があります。粒も細かく均一で塗りやすい。
DSC00979[1]
それでいて意外としっかり定着性もあります。
乾いたら、軽くこすったくらいでポロポロとれたりしません。

ただ、これだけでは単色でのっぺりした印象になってしまいます。
なのでまずは油彩でうすーく茶色を乗せてみました。
DSC00975[1]
うーん、多少良くなったけど微妙ですな。
もう少し変化をつけるのに、タバコライオンを混ぜた明るめな色を塗ってみます。
DSC00982[1]
ちょっとは面白いテクスチャーが付いたけど、月面っぽくないかなあ。
もう少し暗い感じにしたい。
なので、上からタミヤの情景テクスチャーペイント ダークアースをえいっと置く。
DSC00983[1]
ちょっと粒が大きいなー。
色の馴染みもあまりよろしくなかった。
というわけでこれを下地として隠し味にしつつ、もう一回グレインペイントを塗りました。

さて、いよいよ明日が本番です。
応援してるからなー!はやぶささん!

そして、もちろん多摩川も参加しますので。
これから仕度して前日入りし、メルジコンも観て来ようと思います。

それでは現地でお会いしましょう!

| KAUZ(1/20 3Q MODEL) | 11:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

注意書き追記

へこさんが完成させた、えでぃさん原型AFSの注意書きがカッコよかったので
さっそくパクらせてもらいました。
DSC00984[1]

DSC00985[1]

DSC00986[1]

ちょっと画像が酷いけど(笑)。

肉眼で見ると、なんとなく文字が書いてあるように見えなくもない。

Tooのコピックモデラー0.02 スミイレ用オリーブドラブを使いました。
失敗してもサッと消せるし、こすれて消えちゃってもまたチョンチョンって書けばいいので
お手軽に楽しめると思います!

こいつも多摩川ミーティングに持っていきます。
カウツは明日ベースを仕上げて、本体もちょっと汚したら完成!
なんとか間に合いそうです!

| ARCHELON(1/35 Zionel Westen-bis) | 00:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。