2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

至高なのに高尚じゃない。

プラモデル自体、高尚な趣味にはしたくないですしね。
ある種、テキトーに楽しんでるくらいのほうが趣味として健全な気がします。

そんで、高尚な考証とかもそんなに気にしないタイプです。
MG掲載の高荷義之画伯の本邦初公開コックピット画を見て、超カッコイー!!
と思いながらも、特に手を入れません。
きっと完成しなくなるので!(笑)

主計器盤を取り付ける前。
DSC00943[1]
本当は基本的に全部機内色でベタ塗りっぽいのですが、
MGの製作マニュアルを参考にしてシートのサスアームとか別パーツっぽいところは塗り分けてます。
いいじゃないですか。
模型はファンタジー(※)です。

※所さんの世田谷ベース第79回「めくるめくプラ戦車」、所さんの従兄弟の英光博士が超面白かった!!
http://www.bsfuji.tv/tsb/highlight/79.html

1/72って初めて作るサイズですけど、想像してた以上に小さいです。
でも超絶モールドのおかげで塗り分けはそれほど難しくなかったです。
ジャーマングレーっぽい何かと赤はガイアカラーのブライトレッド。
あとガンダムマーカーのメッキシルバーを少々。

そして、いよいよ主計器盤のデカール貼りに挑戦!!
DSC00944[1]
んーまー多少傾いてますが、それなりそれなり。
肉眼で見たらほとんど見えません(笑)。
ただ、中央の九二式航空羅針儀二型を上下逆に貼ってしまったのが残念!
真ん中の指し色が格好良かったのに。

で、接着しました。
DSC00945[1]
サイバーショットの限界マクロ。

操縦桿の握り部分も勝手に黒くしちゃいました。
DSC00949[1]
なんかこれだけでも凄い満足感がありますねー。
DSC00954[1]
胴体に組み込んだらどうせほとんど見えないのでしょうけど(笑)。
パイロットも載せようかなー。

スポンサーサイト

| 至高のゼロ(1/72 finemolds) | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲゲゲの美味しんぼ

妖怪のクセにグルメ。
ニコニコ見れる方は検索してみて下さい。
(ねずみ男=海原雄山)

というわけで、至高のメニューに取り掛かります。
まずはランナーを眺めます。
DSC00926[1]
コレ買ったのが2007年かー。積んどく月日が流れるのは早いですね。

まずは軽め穴を空けます。
このサイズだとランナーのままの方がやりやすい?
DSC00927[1]
穴開け後にワンサイズ大きなドリルで面取り。
してもいいよって本誌の組み方説明に書いてあった。

そして、座椅子の接着。
右手にピンセット、左手に接着剤……
DSC00929[1]
こういうときはダイソー万力が結構便利です。
でも、いつかちゃんとした重くてカッコイイ万力が欲しい。

パーティングラインは結構ありますけど、
組み立て自体は全然難しくなくサクサクいけます。
DSC00930[1]
waveのヤスリスティックSOFTがすごく使い勝手が良くてお気に入りです。

いいですねー。このギュっと凝縮された感じ。
DSC00931[1]
ディテールアップはやりだすとキリがないので、今回は素組みでいこうと思います。

計器盤のデカール貼るのが楽しみー!

| 至高のゼロ(1/72 finemolds) | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

憑かれたように……

もう完成しちゃいました。
こういう時は、勢いが大事!(笑)
何ヶ月もかけるようなプラモじゃないしね。
合わせ目とか十分乾燥させてなくて絶対ヒケてくるだろうけど、まあいいんじゃないでしょうか。
だって、塗りたかったんだもん。

で、参考にしたのは和の配色。
DSC00895[1]
一言で橙系っていっても、微妙なニュアンスで名前がつけられてるんですねー。
DSC00894[1]
箱絵の灰色の着物っていうのがカッコよかったので、灰色・青白・橙の組み合わせを選んでみました。
(モニターによっては全然違う色に見えてしまうかもしれませんが。)
青白いっていうのはカウツでも試した、宗谷ホワイトとエイサーブルー。
なんか幽霊っぽい感じでしょ。
灰色はサイレントグレイに上記の青白を混ぜたもの。
オレンジは宗谷オレンジにその灰色を混ぜたものです。
DSC00893[1]
ザックザックとザックリ塗ります。
灰色も少しずつ青白を混ぜる量を増やしながら、
単なる一色のベタ塗りになっちゃわないように塗りました。
DSC00896[1]
オレンジも、あんまり飛び出ないくらいに押さえています。
妖怪ですからねー。
DSC00897[1]
そして、油絵の具でウェザリング。
影の書き込みと、全体のトーンを落ち着かせる感じで。
失敗しても簡単に拭き取れるのがいいですね。
あと、オドレス(無臭)ペトロール買ってきました。
これはニオイしなくてとってもイイです。ターペンタインはお蔵入りだなあ。
DSC00898[1]
そして、仕上げに着物につや消しコートをして完成!
ちなみに接着してないので、ふうせんは合体分離して遊べます。

DSC00900[1]
妖怪っぽい雰囲気で一枚(笑)。

DSC00908[1]
DSC00912[1]
実質3日で完成させちゃいました。
こういう、気張らないで作れるプラモもイイもんですねー。

あと、オマケで同シリーズ河童列伝から。
DSC00906[1]
だいぶ前からチョイ塗りしてます。
今回も白をチョット足しました。


| しろぼうず(1/20 NITTO) | 00:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。