2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デフォルメAFS Mk.I 完成編

いよいよ完成編です。

下地として、Mr.カラーのジャーマングレーをざっと塗ります。
DSC00067[1]
適当ムラムラで。
DSC00068[1]
そして、ガイアのマシーネンカラーのジェイダイトグレイを重ね塗り。
下地を消しきってしまわないくらいに、ごく薄めに4回ほど塗り重ねました。
DSC00107[1]
ツヤありの状態でデカールを貼ります。ガンダム系のコーションとかを適当にチョイス。
あと、ちょびっと仕上げの追加工作しています。
胸のハッチにプラ板貼り。
ボディ側面やレーザーのパイプはリード線です。
足首のパイプはエナメル線。
脚の動力パイプはスプリングにしましたが、ほとんど隠れてて見えませんね。

DSC00231[1]
DSC00232[1]
半ツヤの水性トップコートをかけてちょっと落ち着かせたところ。
そしてこの後、ガンダムウェザリングマーカーで汚しを入れて完成でーす。

1 (2)
2 (2)
3 (2)
4_20090112050746.jpg
5.jpg

認識帯とかナンバリングは入れようかどうか迷ったのですが、
現段階ではシンプルにこのままにしておきます。

最初、頭部とボディから思いついて、その後手足をどうしようかと
NITTOキットや別冊SF3Dをじっくり見ながらパーツ選びにかなり悩みました。

が、1/35でリアル系に振るには手持ち流用パーツの限界がありました。
そこで、どっちにしろオリジナルと同じに近づけることが目的じゃなくて、
バランスが多少崩れててもデフォルメってことにして(なんにでも使える言い訳だ)
”それ風”になればいいやと思ってから勢い良く仕上げられました。

特に、足が丸くたっていいじゃないって割り切れたのが良かったのかな。
どこか食玩っぽいパチもんっぽさを残すという意味で、
かかとの肉抜き穴を埋めなかったところが隠れオシャレポイントです(笑)。

製作期間は1ヶ月程度でしたが、一気に記事にすると結構な量がありました。
お読みいただいた皆様、長々とお付き合いいただいてありがとうございました~。

スポンサーサイト

| デフォルメAFS Mk.I (1/35 ミキシングビルド) | 19:38 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

デフォルメAFS Mk.I その他編

その他のデコレーションパーツなどを付けていきます。
DSC00046[1]
パティーグのちょうどいいカーブを描く足パーツから、
前後股間アーマー(そんな名称?)の切り出し。
DSC00049[1]
前掛けは好みでちょっと小さくしてみました。
DSC00053[1]
各パーツを組み合わせてみた感じ。

ちなみに、下がパティーグのパーツの残り。
DSC00072[1]
使用率50%くらいでしょうか。

DSC00056[1]
エアインテーク基部は、パンツァーティーアのロードスキッパーのボディから。
マイオリジナルで切り刻んだ余りですね。
DSC00060[1]
ニッパーで大まかに形をだしてます。
エアインテーク本体はさすがに代替パーツがなく、
ルナポンについていた余剰パーツを使用。唯一のマシーネンパーツです。
一応、内部も少しくりぬいてみました。
真鍮線で差し込んであり可動式になってます。

DSC00058[1]
ラジエターもSd.kfz.250/9から砲弾を流用しています。
DSC00062[1]
オリジナルでは砲弾ケースでしたけどね。
写真撮り忘れましたが、この後、背面にもう一つ排気口らしきパーツを付けてます。

| デフォルメAFS Mk.I (1/35 ミキシングビルド) | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デフォルメAFS Mk.I 腕部編

そして腕の製作です。

DSC00043[1]
右手はアトミックチェイサーから。
なかなか良い表情のついたパーツですよね。
そして、茶色パーツはパワードスーツの腕部分。左腕はほぼそのまま使用です。
右腕は段差が付いた箇所でカットして、出っ張りモールドも落としています。
腕の接着は難しそうだったので、プラパイプとアルミ線で繋ぎパーツを追加しています。
DSC00044[1]
そしてレーザー基部は、Sd.kfz.250/9のなんかのパーツです。
フレダマの具に使おうと思ってたのに付け忘れたモノが、
たまたま机の上にあってピンと来ました(笑)。
DSC00055[1]
真鍮パイプで発射口を付けてあげます。

DSC00063[1]
同じくSd.kfz.250/9のOVMで右手の飾りを追加してみます。
DSC00065[1]
DSC00066[1]
ワイヤーカッターを左右半分に切って柄を短くして、
間にハンマーを渡せばなんとなくそれっぽい雰囲気に。
実は本物のAFSと比べると全く別物なのですが(笑)。

あと、肩アーマーも作りましょう。
DSC00069[1]
パティーグの脚付け根パーツから切り出します。
DSC00071[1]
ニッパーでバチバチとカットして、漢らしい金ヤスリでガリガリ削ればOK。
DSC00070[1]
表面のスジ彫りを消すのがちょっと大変でした。

| デフォルメAFS Mk.I (1/35 ミキシングビルド) | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。