| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

早いもので今年ももうこの時期に。

第7回 関東Ma.K.模型展示会に参加してきました。

今年は早朝新幹線で日帰りコース。
早めに出すぎて予定外にはやぶさに乗れたらすっごく早く着いちゃいました。

作品をあずけ、reeさんと溝ノ口モデラーご一行とあげだしさん親子とお昼にお出かけ。

会場行きがけに見かけた気になるコーヒー屋さんへ。
「31年使い込んだ銅版で焼いたホットケーキ!」というポップの割には屋根看板にSince2008という謎を解き明かすために!(笑)
これまた行き当たりばったりにしては、コーヒーもホットケーキもチーズトーストもすごく美味しかったです。
お店は、小野珈琲さん。調べてみたら地元じゃちょっとした有名店みたいでした。

さて、会場に戻りいざ開場。
作品は200近くあったでしょうか。全部はちゃんと観きれずでした。
そして色んな皆さんとやんややんやで色んな話をさせていただきました。
やっぱり展示会はここでしか会えない遠方の方々とも交流できるのが楽しいです。

そして、打ち上げではセンセとMAXさんの絶妙なコンビ漫才を堪能しつつ、幸運にもじゃんけん大会で勝って寄付してきました。

DSC_5291.jpg
タケシングさんからいただいた生首(!)、ぼけちゃんにいただいたソリ付きヘリやらデカールと合わせて、沢山お土産を持って帰りました。

DSC_5292.jpg
あと、わざわざ手運びしてくれたS3さん、どうもありがとうございました!
熱気の封じ込められた同人誌、とても楽しんで拝見しました。

さて、これから年度末に向けてちょっと忙しくなりそうですので、この楽しさを糧にがんばっていこー。
来年の展示会向け作品も早く作りたい!!(笑)

スポンサーサイト

| 関東展示会 | 02:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祭りの後に日も暮れて

第6回 関東Ma.K.模型展示会に参加してきました。

前日に茨城の実家に帰省して当日の早朝出発し、
大阪から夜行バスで参戦のreeさん、へこさんと合流しました。
朝っぱらの新宿は、あんまりお店が開いてません。
少しフラフラ探索して、バーガーキングで朝食しつつまったりと休憩。
198965990.jpg

その後、早めに下丸子へ移動して駅前の喫茶店でお茶してました。
特に期待せず決めたにしては、スマトラ島産のコーヒーがとっても美味!でした。

そして、やって来たKOARAさんとも合流していざ会場へ。
かなり早い段階で作品受付を済ませて、
あとイシカワくんも一緒にみんなで本格インドカレーを食べに行きました。
こちらも、ヘコさんreeさんイチオシのバターチキンカリーが上手いことに日替わりランチだったのでオーダー。
199069098.jpg
とっても大きなナンも甘くて美味しかったです。

戻って開場を待っている間、ホモコンMGグランプリのりょうへいさんに色々お話をお伺いしたり。
サントイスさんから妖怪を託されたり(笑)。

そしていよいよ開場したら、もう怒涛の作品群の熱気にクラクラしつつ、じっくりタップリ展示を楽しみました。
途中で一度休憩にでて、これまた偶然reeさんイチオシのコメダ珈琲を発見。
ちょっとお腹が重くてシロノワールは頼めませんでしたが、サマージュース美味しかったです。
199176329.jpg

さて、それではごく一部ではありますが、気になった作品画像を勝手にご紹介させていただきます。
手振れピンボケご勘弁を。
そして、もし作者さん間違ってたらごめんなさい。

ナッツ付属の35スーツ。
DSC01410[1]
かっちょいい!センセ塗装のナッツロッカー。
DSC01415[1]
自分でNITTOの76を造ってみた後だと、その解像度の高さにより一層の感動を覚えます。
DSC01422[1]
やっぱホルニッセもかっこいいなー!

DSC01428[1]
エッチングのメガネにレンズが入ってます。
物語性が素晴らしく表現されていました。

牧野さんの衝撃の作品。
DSC01429[1]
去年よりも更にメッセージ色の強い作品となっていました。
こんなすごい作品でも、今年は選外となってしまうほどの展示会の凄さよ。

打ち上げの時にも少しだけお話させていただきました。
 動作の瞬間を切り取って表現してしまうと
 どうしても動いている物が止まっているというように見えてしまうので、
 停まっている物の方が今にも動き出すんじゃないかと思うんだ。
というような事をお伺いして、なるほど納得いたしました。
マキノさんの作品は、いつも「静」の雰囲気を感じていたのですが、
そんな思いが饒舌に作品に表れているのでしょうね。

他の皆さんの作品でも、表現の違いはあれど
やはり作者さんの思いっていうのは顕れてくるものだなあとつくづく思いました。

泥酔王、えばらっちさんの作品。
DSC01432[1]
良い色合いでした。秋の景色というか栗色というか。和風な。
以前からブログは拝見させて頂いておりましたが、
今回初めてご挨拶させていただけました。とっても気さくで楽しい方でした。
最初からかなり酔ってましたけど(笑)。

私も今回1/76頑張ってみたつもりでしたが、レベルがケタ違いすぎました。
DSC01435[1]
なんだろうこの精密感。

そして、76といえばこのお方。
帽子屋さんです。
DSC01437[1]
これもかっこよすぎる!!
次回WF持ち込み40個予定だそうです。
ああ、瞬殺必須だろうなあ。並ばなければぁ……。

DSC01440[1]
これ、35ですよ!しかも自作!

スバルさんのゴーレム。
DSC01443[1]
ごっつい。
色、形のメリハリがとてもバランスがとれてました。

DSC01445[1]
パイロットの配置、見せ方が参考になります。
工作も丁寧で仕事が細かかったです。

キシくんの反則ワザ(笑)。
DSC01447[1]
この角度だと、左側を機首にして飛んでくスターウォーズメカみたいだなー。

KATOOOさんのエレファンテン。
DSC01450[1]
改めて拝見すると、やはり工作の精度が只者じゃないんだなーと実感できます。
カッコイイ模型ってカッチリシャッキリしてるんだよねって、
へこさんとうなずき合ってました。

せどさんの。
DSC01451[1]
これもそうです。
こんなに有機的な曲面ばっかりなのに、
なぜかカッチリキッパリシャキーンなんですよね??
ちゃんとした機械ライクというか。

へこさんの。
DSC01454[1]
いま緑がブームらしい。
なにかの色に似ていたんだけど、結局何か思い出せず。

waterさんのオリジナルパイロット。
DSC01464[1]
さすがにプロの画家さんで塗りは当然素晴らしいんですが、
ポーズがまたいいんですよね。

イシカワくんのゴーレム。
DSC01471[1]
ムラムラな冬季迷彩がイカス!
雪は情景スプレーと重曹だと言ってましたが、地面の感じがよかったと思います。

お隣さんだったトキハマ先生の超絶ジオラマ。
DSC01472[1]
fgでのフォトストーリーも完璧でした。
なんかもう、普通に公式としてMGに載せようよ。

タクさんの火星甲殻団。
DSC01484[1]
いつも、技巧とか精密感だけが模型の本旨じゃないなあと強く感じさせてもらえる力強さ。
手書きの紹介文が最高でした。

nobuおじさんのAFOON!
DSC01491[1]
DSC01493[1]
DSC01495[1]
無突さんのお引き合わせで、直接ご挨拶できました!
そして超至近距離で堪能させていただきましたよ!
本当にいい色&汚しだなあ。よだれが出ました。

nozomuくんのVIXEN。
DSC01496[1]
こんだけまとまったマイオリジナルもなかなかできませんよねー。
素晴らしい。
脚の複製で頑張ってたのを見ていたので余計に嬉しいです。
さすがの入賞です。おめでとうさんです。

そして、ヤラレタ!
がぢめさんのましーねん妖怪。
DSC01500[1]
こんなワザが飛び出してくるとは!(笑)
完敗です。

平田さんの宇宙D/Bコンビ。
DSC01502[1]
デブなのに、なにこのかっこよさは?!
さすがは生みの親です。

OVER-Qさんのクレーテ整備兵。
DSC01504[1]
なんとか写ってました、タバコの煙。

最後の頃に持ち込まれてましたトランスポーター。
DSC01508[1]
圧倒的な存在感と説得力。
なんか、年々デカイ物が増えてきていますよね。

写真に収めた展示作品はこのくらいでした。
他にも凄い作品だらけでしたが、正直200近い作品全部ちゃんと見るのは無理(笑)。
だって、一つ3分で観たとしても600分……って10時間ですよ!あーた(笑)。
観きれなかった分は、参加された皆さんのレポでまた楽しませていただきたいと思います。

そして、実は水面下で企画されていたプロジェクト……
『Kow-P大集結!』が、無事成功いたしました!
DSC01518[1]
集Kow写真!
明らかにココだけマシーネンとは別の空気が流れていましたよ(笑)。

Twitter上でKow-P持ち寄って撮影しよう、という話から始まって、
 それなら平田さんに観て貰わなきゃ!
 いやいや、本物のビッグKow-Pと一緒に撮影でしょ!
という悪ノリが高じて、実現させてしまいました。
DSC01527[1]
平田さん、センセ、本当にありがとうございました!

あと、遅れてやってきたMAX渡辺さんにもやじろべえが動くところを無理矢理見せて、
いいねえバカだねえと言わせましたよ(笑)。


打ち上げは初の立食形式だったのですが、気軽に歩き回れる分、
いつもより沢山の人と交流ができて良いスタイルだなーと思いました。
ただ、宴もたけなわクライマックスのジャンケン大会でのスーパーハイテンションに、
あの閉鎖された会場でしらふで紅一点だったレストラン店員のおねーさんが圧倒されすぎて
困惑気味だったのが印象的でしたが(笑)。

また、福島から参加のしろひらさんとクウフウさんに声をかけていただいて、
いつか東北マシーネンオフ会を開催したいねと語りあいました。
あと、ランボさんの72飛行機もじっくり魅せてもらいました。誌面でみれるの楽しみにしてます。

あとあと、今回サントイスさんから頂いちゃった妖怪ろくろっ首!
DSC01531[1]
実は私が妖怪ハンターだということは世の中に薄々バレてきてしまっているようですが、
その正体は暗黒妖怪モデリングマシンだということはまだ内緒にしておこうっと。
これは最速最優先で完成させますからね!

そのサントイスさんの持ち込み作品。
DSC01530[1]
貴方こそ真の妖怪ハンターやんけー!(笑)

おしまいに、私の出品作をへこさんがカッコイイ写真で撮ってくれましたのでご紹介。
jiorama01[1]
ありがとうねー!

最後に、作品を魅せて下さった皆様、お話してくださった参加者の皆様、
そして展示会のスタッフの皆様に感謝を込めて!

ありがとうございました!!

また来年に向けて、今度こそはちゃんと動く模型造って行きます。
それでは。

≫ Read More

| 関東展示会 | 08:16 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。