| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どちらに傾いてもいけない。

さて、第6回関東Ma.K.模型展示会まであと1日となりました。
私は明日から出張がてら関東に流れ込みます。

そして、HJ/MG発売されました。
ホモコン作品掲載がゾクゾクと喜びの声をあげられるなか、
私もMGのほぼ全作品掲載の一つに入る事ができました!

白黒でしたし元々サイズも小さいので、何が写ってるのか殆んどわかりませんでしたけど。

1[1]

■作品名「kowた止めたバランサー」

持ってるキットを作りなさいと諭す天使に、今買わないと後悔するぞと誘惑する悪魔。
買うた止めた音頭に揺れる心を、やじろべえで表現してみました。

一応、実際にゆらゆら出来ます。

4[1]
平田さん原型のkow-Pです。
小さいのにモールドが凄いです。
それに、何にも考えずにバシバシっと3パーツ接着したらあとは塗ったら出来上がる!(笑)

続いても、同じくスージーシンジケート製D.S.A.F.S.です。
8[1]
これも愛らしいフォルムがたまりません。
ちなみにDはデブ専用のD。

そして、今回ちょっと頑張ったのがこちら。
6[1]
D-kowです。すみません、マイオリジナルです。
ちなみにDはデビルのD。

おゆまるで複製して、エポパテで造形してみました。
それではまず複製編。
DSC01196[1]
小さいので、型を作るのは意外と簡単でした。

そして、流動性と速乾性から光硬化パテを使いました。
DSC01197[1]
一気に流すと中が固まらないので、ちょっとずつ固めては塗り重ねていきます。

DSC01199[1]
片面型にしましたので、背中は取り出した後、適当に盛って作りました。

そして、抜き。
DSC01200[1]
顎に豪快な気泡があったり、指先がなかったり。
これはこれで改造のきっかけとして良しとしましょう。

それでは造形編。
腕は、「大百怪 妖怪フィギュア」の辻神さまから芯を持ってきました。
このシリーズも、小さいながら素晴らしい造形なんですよね。
DSC01214[1]
更に脚の角度変更と、靴をエポパテで作っています。

腕にもエポパテを盛って肉付けをしてあげます。
更に、デビルウィングの製作。
DSC01216[1]
0.14mmのプラシートにエポパテ盛りです。

スポンジヤスリで少しシャープにしてあげました。
あと、真鍮線を芯に尻尾を作ります。
DSC01259[1]

出来たパーツを合体。
DSC01261[1]
光硬化パテは、こんな感じの接着&形出しにも便利です。保持力は低いですけど。

あと、サリーちゃんのパパを参考に髪の毛をちょっといじってできあがり。
DSC01262[1]

色塗り終わって完成!ってところで床にダイブして、
おでことつま先が負傷しました。
DSC01268[1]
DSC01269[1]
めげずにエイっと修復してあげて、もう一度リタッチしたら出来上がりです。

こういう小さいサイズは、複製や改造も手軽に挑戦できて楽しいですね。
光硬化パテは凄く便利ですが、硬度がないので使い分けが必要だと感じます。
シャープな造形にはやっぱりエポパテが一番ですね。

それでは明日、kow-Pをお持ちの展示会参加の皆様は、集合写真撮りましょうね!

スポンサーサイト

| kow-P & D-SAFS(1/72 スージーシンジケート) | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。