| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

機械の心、人の声

第6回 関東Ma.K.模型展示会に出品したジオラマ。
「会話」という題をつけました。

1[1]

Ma.k.バンドデシネをみると、
無人機たちも言葉を喋っているんですよね。
マンマシンインタフェースということでいうと、
やはり会話が出来るというのは究極だと思います。
ただ、情が移るという事を考えると、
兵器としてはどうなのかな……?

とか、柄でもないことを考えてみたり。

今回のジオラマのシーンとしては、戦闘中の生々しい感じではなく、
あまり最前線ではない地域で偵察に出かける前の軽い会話をイメージしています。

全景はこんな感じです。
DSC01375[1]
改めて並べてみますと、ナッツロッカーってめちゃめちゃデカイんだなとビビります。
逆に、オスカルの小ささに意外さを感じたり。

オスカルは、TENBOWKISSAさんのガレージキットです。
1/76のキットの中では最高峰だと思います。
DSC01382[1]

繊細なディテール、ボリューム溢れるプロポーション。
この小サイズでこんなにも精密な模型をいじれる幸せ。
179463402[1]
こちらも、ナッツロッカーと同部隊として同じ塗装としました。
179797607[1]

ちなみに、一枚目の画像は日曜日の朝っぱらからアパートの前の駐車場で撮影しました。
99[1]
幸い、誰にも声はかけられませんでした(笑)。

さて、今年ももう少しで終わりです。
ブログを見に来てくださった方々、オフで遊んでくれた皆様、
ネットでお話してくれた皆様、キットを発売してくれたメーカー様々。
一年間、本当に色々とお世話になりました。
また来年も宜しくお願いいたします!


良いお年を!


スポンサーサイト

| ジオラマ「会話」(1/76 関東展示会6) | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人形改造コンテスト遊び

1/76ジオラマのお供として、BMW R75を製作。
フジミ 1/76 スペシャルワールドアーマーシリーズ
Sd.Kfz.250に付属のサイドカーです。
185822080[1]
とにかく、バリが凄い(笑)。合いもかなり悪いです。
そして兵隊さんは……
DSC01340[1]
改造決定です。

ただ、組み上げてみればこの小サイズにしてなかなかいい感じです。
エンジンのフィンとかもちゃんとモールドされてるんですよ!
186409763[1]


ということで、難物のフィギュアをいじります。
DSC01341[1]
頭,両手,両足バラバラにしてから一番しっくりくる組み合わせ・角度で接着します。

作ろうとしているシーンは、一人がサイドカーを降りて無人兵器たちと会話をしていて、
その間ライダーがサイドカーに乗り込んで休みながらその話に耳を傾けているというものです。

なので、ちょっとリラックスした風を目指しています。
DSC01343[1]
ゴーグルとマフラーをエポパテで作りました。
DSC01344[1]
サイドカーの船の先も、ちょっと形が悪かったのでなだらかに修正しています。
DSC01353[1]
座りがいまいちだったので、シートの下にもエポパテを詰めて収まりを良くしました。
DSC01350[1]
あと、何度もやり直して入れたブーツソールのモールド。
出来上がったらほとんど気付かないような箇所ですけど。
自己満足度MAX!(笑)

そして、もう一人のキャストを作るために素材調達。
DSC01324[1]
箱絵がサイコー!
でも中身に期待してはいけないガスマスク部隊。

蛙目 (frog_eye)さんから、トリガランとの物々交換で探してもらった105ミリ対空砲。
DSC01326[1]

ここから全員かき集めると、こんな感じ。
DSC01329[1]
こんだけあるのに、関節の長さがヘンだったりなんかで微妙に違和感が。
ほとんどのパーツがそのままでは厳しい……
やっぱり人間って難しいんですね。

というわけで、今度こそ本当にフランケンシュタインの実験になります。
よく模型誌の記事でパーツごとに山ほど人体を保存していて切り刻んで使うっていのが載ってますが、
確かに自分でやってみて初めてその大変さと面白さが分かりました(笑)。

で、頭はこのいかにもなオッサン顔のこの人に決定。
DSC01331[1]
各部をとっかえひっかえしながら、一番人っぽくなるように選別。
DSC01332[1]

実際に組んでみたら、右手がちょっとだけヘンだったので交換。
で、こんな感じに出来ました。
DSC01333[1]
直立ポーズだと、意外とちゃんと自立できるもんですね。
人体って良く出来てるな(笑)。

そして、冬用コートをエポパテでかぶせてあげます。
DSC01336[1]
右手も手袋を一回り大きくして表情をつけました。
DSC01337[1]
正直、こんなの最初からエポパテで作っちゃったほうが早いんじゃないの?!
と思わなくもないのですが、そこをあえてフジミのパーツだけで頑張る!ってところが意地の美学(笑)。


ガイアのドゥンケルグラウを下地にしてから塗装に入ります。
DSC01359[1]

あと、オマケアイテムの双眼鏡。
DSC01372[1]
これも細かく良くできていますよねー。1パーツですよ。
写真では写せていませんが、ピントを変える部分もちゃんとモールドされてます。
紐は、リード線の中身から0.1mmの線材を切り出して瞬着でつけました。

そして、塗りあがったら完成~!
DSC01563[1]
こんだけアップにしちゃうとやっぱりちょっと厳しい気もしますが、
頑張って塗り分けしました。
基本的に全部ラッカー筆塗りです。
銀色だけはガンダムマーカーのメッキシルバー。
DSC01569[1]
出来上がってみれば、作り始めの不安も吹っ飛びとてもお気に入りの小品となりました。


| ジオラマ「会話」(1/76 関東展示会6) | 02:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一足お先に。

いよいよ、関東展示会まで1週間となりました!


(クリックで飛びます)

そして、あろうことか今日の時点で作品が完成してしまいました。
DSC01374[1]
プラ板と磁石。
そんな作品です。

実は、今回もちょっと動くネタ風の作品を考えていたのですが、
実際に素材を揃えて実験したところ全然上手くいかず断念。
この時点では、かなり凹んでました。

ただ、それならいっそ飛び道具とかネタ無しの正攻法で勝負してみようじゃないかと。
まるっきり方向転換して、自身初のジオラマにチャレンジしてみました。

イメージソースはMa.k.B.D.のAct.14 「雪中のビッグゲーム」。
最初は雪原を作ろうと思っていたのですが、
スケールアヴィエーション 11月号の記事を見ていて……

「冬の飛行場カッケー!!!」
DSC01396[1]
脇に退けられた感じや敷地境界のブロック、落ちて固まった雪などすごく印象的でした。

ちなみに、記事を読んでいくと次の4つのセットが確認できます。
 ・Su-27 FLANKER B(毛羽飛さん)
 ・Su-34 FULLBACK(横浜潤馬さん)
 ・Su-27UB FLANKER C(清水秀治さん)
 ・PAK-FA/T-50(東海村原八さん)
もしかすると、清水さんのは横浜さんのと同じものかも知れませんね。
こういうのは撮影用セットとして編集部が保有してたりするものなのでしょうか?

ということで、急遽飛行場の建設をすることにしました。
お手本は上の写真の横浜さんの作例です。
まずはプラ板を切り出して、Pカッターで溝を掘ります。
187417893[1]
携帯写真が多くて、画像が暗くてすみません。
サイズは約25cm×15cm。見栄えが良いように斜めに区切りました。

そしてブロック塀も同様にプラ板にPカッターで溝掘り。
それをスタイロフォームで立ち上げた地面に貼り付けます。
188348193[1]
切り立った端っこの角度が意外と難しかったです。数学は苦手。

下地は缶スプレーでサラッと。
188359867[1]

そしてアスファルトの表現方法で迷っていたのですが、
Twitterでトキハマジローさんから、情景テクスチャーペイント使ったら?と救いのアドバイスが。
187431583[1]
そうでした!
こんなときのために買い込んであったのでした(笑)。

出来上がりを確認するため、テストピースで色々試してみて。
DSC01388[1]
最終的にはアスファルトをグレインペイントで、
雪を情景テクスチャーペイントで仕上げました。
油汚れをエナメルで墨入れしたり、白を混ぜたグレーでドライブラシしたり。

で、こんな感じにできました。
DSC01391[1]
スケビの作例のような実感はとても出せませんでしたが、
自分としては結構満足のいく結果となりました。
1/76としてはちょっと粗過ぎかもしれませんけれど。

そして、せっかくのジオラマですので、ちょっと背伸びして台枠も作っちゃいます。
行きつけのホームセンター ダイシンで桧(ヒノキ)の角棒を購入。
192884601[1]
12mmと15mm、2本で300円也。
木目の綺麗なものを厳選してきました。

ベースのサイズに合わせてタミヤノコで切り出し、
みんな大好きコニシの木工用ボンドで接着します。
おお、本来の使い方!
192925835[1]
一応、念のため1mmの真鍮線で軸を打っておきました。
それでも合いが悪いのは単に腕のせいです。

更に、内側に12mmの方を接着。
193813427[1]
この3mmの段差で保持するように、ベースの地面をはめ込むわけです。
あと、今回のベースはモデルを磁石で固定するので、
底面裏側が開いていないといけなかったんですね。
将来、別の冬季迷彩機を作ったときに流用できる様にしようという魂胆です。

そして、水性ウレタンニスを塗りこんでいきます。
193843855[1]
塗って。
塗って。
ひたすら塗って……
195077487[1]
何回塗ったか分からないくらい塗り重ねて、
テロテロのテカテカになったら完成です!

そして、amazonのダンボールを加工して梱包材を作成しました。
DSC01405[1]
丁度良いサイズのプラ箱があってよかった。

キットの梱包では一つだけ難易度の高い箇所が。
実は、ナッツロッカーのモノフォニックアンテナをなくしちゃったので、
マイオリジナルアンテナを作ったのですが、あまりに繊細で破損が怖い。
DSC01393[1]
ちなみにアンテナ棒が0.2mmのスチール線です。

そこで、アンテナは接着せずに、
スタイロフォームの端切れで別途専用の運搬ケースを作成しました。
DSC01398[1]
もしこれでも壊れちゃったら、そん時はダメージモデルですって開き直ろう(笑)。

というわけで梱包も完了!
DSC01403[1]
来週末に向けて準備万端です。

皆様と、そして190(!)もの作品にお会いできる事を楽しみにしています。
それでは、当日参加の方は会場で!


| ジオラマ「会話」(1/76 関東展示会6) | 00:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。