| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

試作機だけども傑作機

試作機がカッコイイのは、まず思いをカタチにすることが強く出るからじゃないのかな。
だからパッと見で人を惹きつける力があるというか。

でも、テストを繰り返して洗練されて、
無駄を省いたり効率を重視したり大量生産の為にナニかを捨てたりすると
カドの取れた量産機が出来上がるという。

現実的にはマスプロダクトの生産ラインに乗った製品の方が、
明らかに壊れないし高性能を発揮できるはずなんですけどね。

Gundam Mass productを略してGM(ジム)ってのは今回初めて知りました。
じゃあ、プロトタイプガンダムって……。
ガンダム偏差値の低い私です(笑)。

というわけで、久しぶりのマシーネン!
SAFSプロトタイプです。

しばらくぶりにえでぃさんにお会いする機会ができましたので、
突貫工事でしたが出来るところまでやってみました。
うん、模型はモチベーションと勢いです。

DSC01911.jpg
本当に超久しぶりにルナポンを組んだんですが、
70年代とか50年代(?!)とかいうキットばっかり触ってたんで、
平成の現用キットの素晴らしさを改めて体感してしまいました。
スゲエよコレ!
ランナーから切り出して貼るだけで良いんだぜ(笑)。

で、背中と胸のレジンキットのパーツの合いをちょっと修正したら
もう立ち上がれます。
DSC01915.jpg
最近のお約束の影色ドゥンケルグラウ。
そして今回はキットの良さに敬意を表して素組み可動モデルでいきます。

関節ポリも全然問題なく色が乗っちゃうのは、
買ってから年数が経って油でも抜けたのかな?
遊んでて剥げたらまた塗ればいいですしね。

途中経過無しでざっと下塗り迷彩まで。
DSC01918.jpg
塗りながら色々迷ったけど、やっぱりこのカラースキームが似合うかなあと。

DSC01921.jpg
見てくださいよ、このラヂエターのモールド!
これが作り起こした自作だって言うんだから恐ろしいです(笑)。

そしてこの時点でタイムアップでしたので、お手つき未完星人で旅にでました。
でも原型師を目の前にして、あんまりコイツの話しをしなかったという体たらく。
いえ、今度もうちょっと仕上がってからが勝負ですよ(笑)。

そんで、また熱っい模型スピリッツにやられて帰ってきたその朝に、
またもや勢いでデカール貼りを慣行。
DSD302779085.jpg
WAVEさんのSAFSパッケを参考に、
エッグプラント6中隊と見せかけて実は全然違うというフェイク茄子6塗装を。
両肩の赤い逆6は、simさんデザインのトカゲのシッポマーキングです。

デカールが乾燥したら、上塗りとかウェザリングとかでもうちょっと遊んでいこうと思っています。

来週はMa.K. in SF3D&Ma.K. グラフィックス出版記念オフ会ですね。
この2冊を抱えての東京行きはしんどいなあ(笑)。

スポンサーサイト

| SAFS PROTOTYPE(1/20 Zionel Westen-bis) | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時間は有限である。

グローサーフントを組むにあたって、rainbow eggさんのサイトは勿論なのですが、
SF3Dクロニクルとかバンドデシネを参考にしています。
そして、一番見る頻度が高いのは、そのものズバリが出ているモデリングブックです。
ただ、一度モデリングブックを開いちゃうと、
いまだに色々「あれはどうだっけ?」とおもむろにページをめくってしまい
気が付くと模型を進める手が止まっている諸刃の剣だ罠。

そして、昨日お迎えしたマッシグラ本も時間泥棒。

作るか読むか。
贅沢な悩みですが(笑)。

今晩はほんの少しだけ進みました。
DSC01873.jpg
といっても、影色差しただけです。
剥離剤が落ちきっておらず弾いてしまった部分があったので、
そのまま直接ツールクリーナーをスポイトで垂らしてハブラシでゴシゴシこすってみたら
弾かずに塗れるようになりました。

首の台座パーツも同じようにしたら、バッチリ色が載りました

もしかしたら何年後かに剥がれちゃったりするのかな?
そんときゃリタッチということで。


| グローサーフント(1/20 rainbow egg) | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逆関節バランス

脚の下処理が終わりました。
DSC01871[1]
足首は中空になってるのでちょっと強度が心配ですが、アルミ線で軸を入れました。

上体と腕とあわせてバランスみてから接着しようと思います。
DSC01872[1]
接着しないでも、脚だけなら自立するのね。スゲー。
形になってくると、急にモチベーションがUPします!(笑)

| グローサーフント(1/20 rainbow egg) | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「もっと自信を持ちなさい」

ヤスリスティックを一本使い切ったので、この機会にまとめて切り出しておく事にしました。
DSC01867[1]
赤が#400、黒が#600、無印が#1200。
今回のお犬様では、#400の出番が多いです。

ちなみに、全部ソフトタイプ。
DSC01868[1]
叩き売りのチロルチョコ缶に入れておきます。
缶の容器って、なんか好きなんですよね。
手ごろな大きさがあるとつい買っちゃいます。

そして、ミサトさんに好きなセリフを喋らせます。
DSC01869[1]
こうするだけで、ミサトさんの声で脳内再生されるのはちょっと面白いです。
MGガンダムの空箱でも「ジャンクパーツあるよ」とか喋らせてるんですが、そっちの場合は声優さんは特に指定されません(笑)。


さて、お犬様。
ボディ部分の整形が済んだので、筆が入りにくそうな箇所を影塗り。
DSC01870[1]
首の台座パーツは、剥離剤の洗浄が甘くてピッチピチに弾いちゃってます。
10代乙女の肌の如し。

あとでもう一度洗い直しです。


| グローサーフント(1/20 rainbow egg) | 02:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深夜模型の功罪

源蔵さんのボールジョイント出品、とてつもないことになっていました。
それでも、出品者&落札者&被災地と皆が満足して良いこと尽くめなら言う事なし!
近江商人の「三方よし」にも通じる素晴らしい企画ですよね。


さて、お犬様(#inumaturi)の続きです。

タケシング(@takesingood)さんのガチガチ工作を見せつけられて、
ちょっと方針転換してしまった私です。
お犬祭りってからには、やっぱりちょっとイロ出さなきゃか?と。
DSC01862[1]
オールドVer.ヘッドは置いといて、新型頭部で勝負に行きます。
デコレーションは、UH-1Bで余ったパーツをあーでもコーデモ。

最近は早朝モデリングブームだったのですが、久しぶりに深夜模型部をやりまして。
早朝はキリっとさっぱり目が覚めて作業できていいんですけど、
頭じゃなくて本能で感じるゴテゴテモデリングには、
あの深夜模型の訳の分からないグダグダテンションの方が向いているなあと実感。
DSC01864[1]
ラブレターは深夜に書いちゃダメだけど、怪奇小説は爽やかな朝に書いたらもっとダメだ(笑)。

というわけで、タダでさえ機械化されてる彼を、更にメカメカしい方向に味付けしてみました。
DSC01863[1]
機能とか設定とかはあまり考えずに。
見た目オーライで。


あと、宣伝!
今年もやります。

Ma.K. tamagawameeting #2
logo_event022_mak2.jpg
(無駄にデカイ画像で。)
http://www.yellowsubmarine.co.jp/event.htm#mak201106
開催日:平成23年6月19日(日)

昨年も大盛況だったタマミーですが、今年はもっと盛り上がる事間違いなしかと思います。

そして、同日開催の『場外乱闘模型展』について……
「妖怪プラモからミリタリー、扇風機まで」
とピンポイントに狙い撃ちされている悪寒。

新幹線止まってようが、ムチャしてでも参加しますよ!


| グローサーフント(1/20 rainbow egg) | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。